SHENLONG          Modeled by 南風(仮名) 

使用キット: 1/100HG シェンロンガンダム、1/100MG ウイングガンダムVer.Ka

■製作者コメント■

MGウィングガンダムVer.Ka(以下MGWG)のフレームを流用してシェンロンガンダムを製作しました。
アーリーモデルよりもTV版の伸びるドラゴンハングが好きなので、HGのキットを被せる形で製作を行いました。
しかしHGの装甲パーツをそのままMGWGのフレームに被せていってもバランスが崩れてしまうだろうと思ったので、
基本的なフォルムはMGWGのままに、形の異なるパーツをHGから持ってくることにしました。

【製作】
●頭部
MGWGを芯にしてシェンロンのパーツを貼り付ける形で作製。余分なところは削り落とし、ポリパテで埋めてます。
頬のインテークを開口、額両側にピンバイスでバルカン部を開口し、真鍮パイプで砲身を再現しました。
サイドにつく羽根状のパーツはプラ板で裏打ちしてインテークを開口してから頭部に接着。
ブレードアンテナは取り付け部を削り落としたのみです。
少し寝かせすぎたかなぁとも思いますが、HGのパーツはMGWGと比べると全体的に大きめなのでバランス的には丁度よいようです。顎の形状をTV版にしようかどうしようかと悩みましたが、他の機体との統一性をとるためにMGWGのままとしました。
カメラ部はキット付属のアルミシールにて。こだわる方もいらっしゃるかと思いますが、私は特に気にならないので。
●胴部
フレームはMGWGのものをそのまま流用。
外装もほとんどそのままで、形の違う部分のみシェンロンの胸部パーツを切り刻んで貼り付けていく形になります。
首横のパーツはMGWGのバルカンポッドの上半分を切りとばした上に接着して取り付けやすいように改造。
胸部サイドはMGWGのパーツをそのまま使用しています。
胴当てはそのままでもよかったのですが、MGWGのコクピットギミックを生かしたかったので、三等分して真ん中のパーツをコクピット部に貼り付けます。こうすることで中央部が少し前に出た形になったのですが、シェンロンのキットでよく問題にされた胸部の張り出し不足が、結果的に解消されることとなりました。
中央のセンサーは好みで四角いクリアパーツに変えてあります。中央にアルミシールの余白部を切り取って貼り込みました。
コクピット内はもちろん五飛くんに座ってもらいました。塗り分け変えただけなんですけど・・・ MGWGそのままなのでコクピットの場所が設定と違いますが、変えたのはカトキさんで私ではありませんからあしからず(!?) 
腹部装甲はMGWGのものを流用し、へその部分だけシェンロンのパーツから切り取ってきたものを貼り付けました。隙間はポリパテで埋めています。バックパックはシェンロンのままですが、表面処理の都合上、ラインで3つに切り放しておきました。
●腰部
フレームはMGWGのまま。これにシェンロンの腰部アーマーを取り付けていきます。しかしMGWGのパーツと比べるとかなり大きいです。そのまま使用してもケレン味があってよいかな、とも思ったのですが、ここはMGWGのパーツに合わせて小さくします。
フロントアーマーは最終的に縦横5mmばかり短縮。かなり複雑なラインで割ったので文章にしづらいです・・・ ここもインテークを開口し、アーマー裏はプラ板とポリパテで埋めます。ふんどしパーツはそのままだとフレームとの間に隙間ができるので、ジャンクパーツとポリパテで埋めました。サイドアーマーは一番下の節の部分を切り落とし、ポリパーツとの接続軸のストッパーを削り落としてよりボディに密着するようにしたのみです。リアアーマーは中央部のみシェンロンのパーツを使用し、あとはMGWGのリアアーマーを流用しています。そのまま使用すると左右に分かれた形状になってしまうので、間をプラ板とポリパテで埋めました。
●腕部
両腕と左肩フレームパーツをMGWGから流用、肩パーツとドラゴンハングはシェンロンから持ってきています。
両肩パーツも腰部アーマーと同様にやや大きくて短縮が必要なのですが、なるべく切り刻むことは避けたかったので肩上部を2mmほど切り取ってプラ板で蓋をするのみにしました。
左肩中央のパーツは根本の部分で5mmほど切り詰めてあります。あとは下部のインテーク開口。
右肩がそのままMGWGのフレームに接続できたのはラッキーでした。
そのままでは胸部側の軸が若干長かったので3mmばかり切り詰めました。
左肩はMGWGの肩内部フレームを強引に貼り付けてあります。
右伸縮腕の肩付け根は肩パーツ上部の高さが低くなったことでそのままだと稼働時に干渉するようになりました。そこで可動の邪魔にならないように様子を見ながら削っていきます。大穴が開いてしまったので0.5mmプラ板で蓋をしました。
右腕上腕部と伸縮腕を接続するのですが、どちらもポリキャップの”メス”なのでそのままでは接続できず、ランナーで軸を作ってこれを介して接続するようにしました。
前腕は左右ともMGWGのままですが、篭手パーツをオミットして段差になった部分を1mmプラ板とポリパテで均しておきました。
さて、ドラゴンハング。設定では手首を収納した右前腕が龍の顔になるのですが、キットでそれを再現すると厚みがありすぎてとても龍の顔には見えません。そこで上顎のパーツに前腕部から切り取った下顎のパーツを貼り付けて厚みを抑え、アルトロンのドラゴンハングのように手首を収納せずに上から被せる形に変更しました。可動部を増設してあります。龍の頭っぽいドラゴンハングになったのではないでしょうか。
その他上顎の金メッキパーツがあと羽目できるように本体を加工、サイドの火炎放射ノズルを真鍮パイプに置き換え、後部のノズルも市販パーツに置き換えました。口の部分には市販パーツの角型ノズルを加工したものを貼り付けてあります。
●脚部
フレームはMGWGのまま。大腿部とソールもMGWGのパーツをそのまま使っています。
臑アーマーは前面の段差をポリパテで均しておきます。臑の両側に龍の牙のようなモールドが入っているのですが、ここに止せばいいのにMGWGの肩アーマーの赤いパーツを流用してしまいました。おかげで切った貼ったの大騒動!? なんとか形になってくれましたけど、強度の方は全く厳しい状態です。幸い動かすような場所ではないのでよかったですが、素直にエポパテ盛るんだったと後悔しました。
膝アーマーはシェンロンのパーツをMGWGのフレームに強引に接着。足首アーマーはMGWGのパーツを刻んで使用。足らない部分はシェンロンの臑アーマーから該当部分を切り取ってこれまた強引に貼り付け、パテで形状修正しました。ここも表面処理の
際にパテ盛り部がひび割れて大変なことになりました。結構力の掛かる場所だったのでしょうか? 結局最後は妥協の産物に・・・ 足の甲のパーツはシェンロンのものを使用。そのままではうまくはまってくれなかったのでヤスリで少しずつ削って現物合わせしてあります。
●武装
ビーム長刀はシェンロンのキットのまま。シールドもMGWGのシールドの本体取り付け部を移植した以外はそのままです。

塗装
600番の耐水ペーパーで表面処理を行った後、クレオスアクリルカラーのシルバー+グランプリホワイトで下地塗装。
表面処理の不十分なパーツはプラパテを盛って再度表面処理を行い、改めて下地塗装しました。
この上からガンダムカラー・フリーダムガンダム用ホワイトを重ねて白部とし、トリコロールの部分はさらに色を重ねました。
赤にはモンザレッドを使用しています。
青い部分はガンダムカラー・フリーダムガンダム用の明るい方の青を使いました。
黄色の部分をどうしようか迷いましたが、手元にある他のアーリーモデルが金色になっているのでこれらに合わせました。
MAXベースグレーを吹いた上からタミヤクラシックセットのブラスを立ち上げてあります。
フレームは無塗装の簡単フィニッシュ状態です。
エナメルのハルレッドで墨入れをしたあと、MGWGのキットに付属しているシール・デカールをMGWGに倣って貼ってあります。Ver.Kaのシール・デカールは貼りにくいという定評があるようですが(実際、Ver.Kaガンダムのは非常に貼りにくかったです(^^;))、
MGWGのものはそれほどではありませんでした。慣れたのでしょうか? 沢山シールがあるので貼り好きな私にとってはとても楽
しいひとときでした(^o^) 
つや消しスプレーでコートして完成。これでようやくアーリーモデル・オラ仕様が揃いました・・・・・ウィングガンダムがまだ仮組状態なんですけどね(^^;) まあぼちぼちやります。他の3体にも同じ様なシール・デカール貼ってやりたいし。

丁度作りたいと思っていたネタですが、本コンペに参加させていただくことで納得できるものができたように思います。
快く参加を受け入れて下さった主催のしるびぃさんはじめ参加者の皆さん、コンペを紹介して下さった魔弾さんにこの場を借りてお礼を申し上げます。どうもありがとうございましたm(--)m


しる妻コメント
とっても作り込んであるシェンロンだなぁ、と思いました^^
細かい作業工程は全く知識の無い私なのでよく分かりませんが(すみません・・)
胴体の厚みがあるのでより立体的になっていて力強い感じが増してカッコイイです。
シェンロンのアクセントになっているゴールドと鮮やかなブルーの対比も心に残りました。

inserted by FC2 system